EM工房

〒824-0008
福岡県行橋市宮市町9-33
TEL/FAX:0930-25-3560
Mail:emkoubou@gmail.com
Twitterはじめました→@EM_koubou

店長日記はこちら >>

QRコード

HOME»  EM菌って?

【EM菌って?】
EMとは、乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とし、安全で有用な微生物を共生させた多目的微生物資材です。

【EM菌とは・・・】
■開発者は沖縄の名桜大学(琉球大学名誉教授) 比嘉照夫教授1982年にオリジナルが完成して以後、メーカーによって商品化され、国内では2社 (株式会社 EM研究所 / 有限会社 サン興産業)、海外では55ヶ国で製造が行われています。当初は農業分野向けの土壌改良材でしたが、現在では様々な分野で広く使われるようになりました。
このEMを活用した技術を、EM技術と呼んでいます。活用の分野は多岐に渡り、国内外で建築や医療、教育、福祉などの分野でも利用されています。その他、EMを応用した各種資材、飲料水や食品など、様々な製品もあります。
■EMの活用で腐敗をおこさない
市販品としての「EM・1」は、ユーザーが100倍~1000倍に増やせる方法を公開しており、環境浄化推進のために行政が培養して配布する例も増えています。
一般的に、悪臭や水質汚染など環境悪化の原因の多くは、腐敗 (酸化) 型の微生物が関係しています。この対策として、従来は消毒・殺菌・物理的な除去等が行われていますが、腐敗する前に有用な微生物を定着させる事で、問題解決する事をEMは可能とします。この手法は、腐敗をおこさないばかりでなく、原因物質を資源化することができます。
結果として、EMの活用により、生ゴミは家畜のエサや肥料へ、排水汚泥は上質の堆肥へ、そして家庭排水はプランクトンのエサとなって様々なシーンで資源が循環し、生態系も回復へと向かいます。
腐敗か発酵か、根元の方向性を変える力を持ったEMは、従来とまったく違ったロジックで問題を解決することが可能です。
EM研究機構サイトより抜粋

商品一覧

並び順:

  • EM-X GOLD

    販売価格:4,500円(税込)

    購入数   本

    健康飲料「EM-X GOLD」は私達が昔から食してきた味噌・醤油などの微生物の発酵を利用した発酵飲料で、製造には最新のEM技術が導入されています。自然力の原点であるEMが、発酵の力のみで生み出した酵素を低分子化して吸収しやすくしたものです。
    2本以上で得点あり!詳しくはお問い合わせください。

  • EM-1号

    EM-1号

    販売価格:2,100円(税込)

    購入数   本

    通常、EMと呼ばれる微生物資材は、「EM・1」を指します。EM・1には、EMを構成する微生物が全て含まれており、あらゆるEM活用技術の基本になる製品です。製品は、このままでも使用できますが、EM活性液やEMボカシを作り増やしてから使用することをお勧めします。

    主な使用用途 EM活性液 EMぼかし EM

  • em-10.JPG

    EM-1号 10L

    販売価格:19,950円(税込)

    購入数   個

    サイオンEM-1号の10L入りお徳用です。<br>
    農業や環境など多くの分野で利用され、好気性と嫌気性の微生物の働きによって土壌改良に効果を発揮。

  • em-02.jpg

    EM-2号

    販売価格:2,100円(税込)

    購入数   個

    微生物の作り出した生理活性物質が主な成分です。ホルモンの代用、悪臭除去、好気分解の促進などに使用します。

  • em-03.jpg

    EM-3号

    販売価格:2,100円(税込)

    購入数   個

    EMの中心的な役割を持つ光合成細菌が主体となっています。
    EM-1号、EM-2号との併用でより効果的にご活用いただけます。

  • EM-W

    販売価格:1,050円(税込)

    購入数   本

    EM・1を家庭内でより使いやすくするために開発された商品です。構成微生物はEM・1と変わりませんが、製品の色が薄いので日常生活の様々な場面で使いやすくなっています。

  • EM-7

    販売価格:6,300円(税込)

    購入数   本

    【対象】 すべての植物
    【効果】 葉面散布することで、EM7に含まれる物質が、植物や葉面微生物を刺激し、植物の機能を高め、健全生育を促します。
    【使い方】
    育苗期: 果菜類は1,000倍希釈液、葉菜類は2~3,000倍希釈液をかん水代わりに散布します。
    定植期: 定植直後は、2~3日置きにこまめにEM7の5,000~10,000倍希釈液を散布し、その後、徐々に散布間隔を広げ、1~2週間に1回の割合で散布を続けます。

まとめてカートに入れる

このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。